処理方法

脱水剤のセット販売はじめました。 脱水剤の詳細はコチラ

処理方法

脱水剤の使用について

脱水剤は、1パックに2.5kg入っております。ダッシュバッグ・スーパーダッシュバッグ1袋に対し、250gの脱水剤を使用します。
※2.5kgは、1パッケージ(10袋)分の処理分量になります。



ダッシュバッグ使用後の処理方法

株式会社キーストンが製造・販売を行う吸水性土嚢袋(土のう袋)「ダッシュバッグ」は可燃ごみとして廃棄可能です。こちらのページでは、ダッシュバッグ使用後の処理方法をご紹介します。

Step.1
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step1 脱水剤250gを使用
Step.2
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step2 ビニール袋(ゴミ袋)に入れる。
Step.3
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step3 脱水剤を入れたビニール袋に、水を2リットル程度を入れる。
Step.4
ダッシュバッグ使用後の処理方法 Step4 上記のビニール袋に使用後の
ダッシュバッグを入れる。
Step.5
ダッシュバッグ使用後の処理方法 Step5 20~30分程度放置してください。
徐々に脱水していきます。
Step.6
ダッシュバッグ使用後の処理方法 Step6 脱水後、袋を乾かして
可燃ごみで処分します。
水はそのまま排水して構いません。

※天日干し(1週間程度)でも脱水します。その後焼却処分可能です。

Pick Up!【ダッシュバッグの再利用はおすすめしません】
しかし、内容物である吸水ポリマーは雨水や河川の水など、不純物を多く含んだ水を吸うと著しく劣化してしまうため、2度目以降の使用では十分な膨張が期待できません。
土嚢は災害時の人命救助にも関わる重要な資材ですので、いざというときに性能を発揮できないのでは意味がありません。
そのため、当社ではダッシュバッグの再利用を推奨していません。1度使用したらしっかり処理をして廃棄し、新しいものをご用意されることをおすすめします。

脱水剤のセット販売はじめました。 脱水剤の詳細はコチラ

処理方法

脱水剤の使用について

脱水剤は、1パックに2.5kg入っております。ダッシュバッグ・スーパーダッシュバッグ1袋に対し、250gの脱水剤を使用します。
※2.5kgは、1パッケージ(10袋)分の処理分量になります。



スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法

Step.1
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step1 脱水剤250gを使用
Step.2
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step2 ビニール袋(ゴミ袋)に入れる。
Step.3
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step3 脱水剤を入れたビニール袋に、水を2リットル程度を入れる。
Step.4
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step4 上記のビニール袋に使用後のスーパーダッシュバッグを入れる。
Step.5
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step5 20~30分程度放置してください。徐々に脱水していきます。
Step.6
スーパーダッシュバッグ使用後の処理方法 Step6 脱水後、袋を乾かして可燃ごみで処分します。水はそのまま排水して構いません。

※天日干し(1週間程度)でも脱水します。その後焼却処分可能です。

キャンペーン

ページトップ